スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛媛 ゼロエネ住宅 (宇和島) 気密測定 

愛媛 ゼロエネ住宅
宇和島市 浜口工務店
J様邸 気密測定


今回ご紹介するのはゼロエネ住宅の補助金を利用されたJ様邸です。

P1030080_convert_20140829100450.jpg

この物件の仕様は
断熱工法:アキレス外張り工法(遮熱面材付硬質ウレタンフォーム)
屋根50㎜
壁40㎜
基礎断熱40㎜
開口部:エクセルシャノンⅡ(U値1.4~1.5)
で外皮が構成され、
Q値は1.8W/㎡・Kとなっています。

この性能の建物の一次エネルギー計算し
太陽光発電にて創エネをすることによりゼロエネが証明されれば
補助金の対象住宅となります。

今までの浜口さんのC値の平均は0.3㎝²/㎡という非常に
優れた性能でしたが今回の測定では0.15㎝²/㎡という
ほぼ限界の数値となりました。

P1030077_convert_20140829100530.jpg

P1030083_convert_20140829100556.jpg

やはり外張り+樹脂サッシの組み合わせは最強ですね。


「工務店学校」四国
温熱環境研究会事務局
四国エアフォーム㈱
担当:森田 元

スポンサーサイト

26年度 地域型住宅ブランド化事業 申し込み

5/9 地域型住宅ブランド化事業
KGSパッシブハウス 申し込み

26年度の地域型住宅ブランド化事業、
申し込み期日が5/12必着となっており少々あせりながらも何とか書類も揃い
提出することができました。

ブランド化事業 適用申請書+(2)_convert_20140509162202

ブランド化事業 適用申請書+(1)_convert_20140509162236
厚さにしてもこの程度

24年度は5棟で補助額は500万円
25年度は10棟で1,000万円分の補助を受けることができました。

昨年度は過去に高性能住宅を供給してはいたけれど
一棟も長期優良住宅の申請をしたことがなかった工務店さんが
2社この補助金を利用されました。

今年度ももし採択されれば新たにチャレンジしてくれる
工務店さんがいるようです。

皆さんも採択されることを祈ってください。

「工務店学校」四国
温熱環境研究会事務局
四国エアフォーム㈱
担当:森田 元

25年度 KGSパッシブハウス 見学会

25年度 地域型住宅ブランド化事業
第一棟目 完成見学会

(有)浜口工務店 M様邸
1月18・19日に宇和島市津島町にて
今年度最初のKGSパッシブハウスの展示会を開催いたします。

M邸見学会_0001
M邸見学会_0002

今回のM様邸は
Q値=2.45w/㎡K
C値=0.3cm2/㎡
と非常にいい数値となっています。

また18日のみとなりますが
実際に換気システムがどの程度空気を交換しているかを
実測いたします。
めったに見られない実験となりますので
お時間のある方は是非お越し下さい。

温熱環境研究会事務局
四国エアフォーム㈱
担当:森田 元


 

地域型住宅 ブランド化事業

25年度 地域型住宅ブランド化事業

昨年度より始まりました地域型住宅ブランド化事業、
今年度も採択されました。

KGSパッシブハウスと命名されました地域型住宅は
結果5棟の完成となりました。

CASBEE評価は全て★★★★以上
住宅事業主判断の評価ではすべて100%以上
C値に関しては平均で0.5cm2/㎡
となり、いままで取り組んでいた事が成果としてあらわれました。

今年度は10棟分の補助金が確定しました。
仕様の追加事項として
地元の特産の建材(菊間瓦、土佐和紙など)
を部屋の内装や外装、または外構工事にて使用することと
換気が計画通り行なわれているかを確認する為に
風量測定することを義務としました。

気密のレベルが安定してきたので
換気の経路の出入り口が明確になってきました。

後は本当に予定通りの量が確保できているか?
そこのところを確認していくねらいとなっています。

「工務店学校」四国
温熱環境研究会事務局
担当:森田 元

24年度 第二回「工務店学校」

10月27日(土)に開催日が変更になりました。

9/28
24年度第二回 「工務店学校」開催
「四国で求められる室温と断熱性能を考える」


 皆様は自分が計画し、建てた住宅が冬場の朝、
 室温が何℃になっているかご存知ですか??

 北海道やヨーロッパでは冬場の朝、
 起きたときの室温が20℃であることが当たり前のように求められ、
 住宅に関わる人たちは20℃にする為の技術を磨いています。

 では、四国において実際何℃になれば快適なのでしょうか?
 10℃ですか?
 15℃でいいのでしょうか?
 日中、日射熱でリビングが20℃まで上がれば満足なのでしょうか?
 
 今回の工務店学校ではまず四国の皆様が求められる室温ということを追求し、
 その上で暖冷房負荷を考えてみようというテーマで企画しました。

 講師には
 住宅の断熱技術・省エネルギー分野の権威であります 鈴木大隆先生
 工務店学校校長、南雄三先生をお呼びし、
 昨年大好評でした対談形式も含めた勉強会となります。

 皆様のお仲間とお誘い併せの上、ぜひご参加下さい。
 心よりお待ちしております。


鈴木先生・南先生 工務店学校-2
申し込み書

「工務店学校」四国
温熱環境研究会事務局
四国エアフォーム㈱
担当:森田 元
TEL:089-971-6650
プロフィール

air-form

Author:air-form




「工務店学校」四国

温熱環境研究会 事務局

森田 元

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。