スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛媛 温環研メンバー気密測定(小松町)

5/17 
くにう建設 I様邸 気密測定

西条市小松町の「くにう建設」さんは若い大工さんの会社です
年に2棟程度建設されています。


先日の気密測定では0.4㎝²/㎡でした。

IMG_1257_convert_20140524084615.jpg
気密測定の状況

漏気の箇所は玄関の引き戸の部分と勝手口の通風窓の部分からで、
その部分を目張りして測定すると0.2㎝²/㎡という結果になりました。
中間時期の測定の為、
まだサッシの調整が済んでおらずこのような結果となりましたが
このまま放っておくとその部分が換気計画において
給気口になり結露などの原因にもなり兼ねません。
気密測定をしておけばこういった部分の確認ができ、
工事終了までにきちっと調整をすれば問題は起こりにくくなります。

気密に関して私共は延床1㎡に対して最低2㎝²以下を
約束にしていますが、長年測定を続けていまと、
メンバーの皆さん漏気しやすい箇所を知っており、
平均は0.5㎝²/㎡以下となっています。

この安定した性能により省エネはもちろん、
換気の際、空気の出入り口が明確になり空気の質も安定します。

現在の状況は外部にラス板を張っており、塗り壁の仕上げになるようです。

くにう建設 石川邸+(4)_convert_20140524084710_convert_20140524091612


内部も流行りのスキップフロアを多用し、
室内の空気の流れも考えられた間取りとなっていますので、
もう少し工事が進みましたらご紹介します。


「工務店学校」四国
温熱環境研究会事務局
四国エアフォーム㈱
担当:森田 元


スポンサーサイト

㈱フタガミ

11/18 気密測定
11/26・27 現場見学会

今回ご紹介しますのは、高知県の㈱フタガミさんです。
フタガミさんは高性能住宅に取り組んで10年以上の実績をお持ちです。

今回も2棟の気密測定をしまして一棟目が0.4㎝2/㎡
2棟目も0.4㎝2/㎡と安定した結果となりました。

I邸縮小

I邸縮小2
タル木周りもきちっとテープ処理

今週の26日・27日に現場見学会があります。
大分さむくなってきましたので、体感するにはいいかと思います。
案内は下記アドレスをクリックしてください。

イベント情報

「工務店学校」四国
温熱環境研究会事務局
四国エアフォーム㈱
担当:森田 元

㈱フタガミ

㈱フタガミ M様邸

今回ご紹介しますのは㈱フタガミさんのM様邸です。

M様邸全景縮小

㈱フタガミさんは高知県産の木材にこだわりをもっておられます。

通常、高知県産(梼原町)のFSC森林認証材を使用されており、
この材料を使う事によりCASBEEのLR2の評価をするさいにも
評価の対象にもなる取り組みです。

*FSC(Forest Stewardship Council:森林管理協議会)とは
1993年に環境団体、林産業者、先住民団体、林産物認証機関等により設立された組織で、
世界の全ての森林を対象とし適切な森林管理のための原則と基準による森林認証の制度を運営。(本部ドイツのボン)



今回の建物は内装を無垢材、漆喰など自然素材をふんだんに使用し、

M.jpg

建替え前に使用されていました欄間のリユースなど
お施主様と十分にコミュニケーションをとりながら
家造りを進められています。

M様邸欄間リユース

今現在もこのような建物が数々建てられております。
詳しい内容は下記まで。
http://www.futagami.co.jp/jyutaku/index.html


「工務店学校」四国
温熱環境研究会事務局
四国エアフォーム㈱
担当:森田 元

西条 くにう建設 M様邸

西条 くにう建設 M様邸

今回ご紹介しますのは西条のくにう建設さんです。
8/5に気密測定にお伺いしました。
場所は11号線の小松インターの近くのコカコーラの工場の向いにあり、
非常に目立ちます。

村上邸全景縮小


村上邸測定 001縮小

周りに建物がなく非常に日射を取り込みやすい環境になっています。
冬場はひょっとしたら暖房がほとんどいらないかも…

しかし、今の現場状況はまだ日射遮蔽措置が取られていないので
同時進行のK様邸より暑く感じます。
今後、日射が入りやすい窓の前に落葉樹を計画したり、
庭木を利用して風の進路を変化させ
室内に取り込む工夫を検討しています。

気密測定の結果は0.3cm2/㎡
で非常にすばらしい数字でした。

村上邸内部縮小
気密測定器設置状況


また今回は軒天が化粧板の為、通気を連続させるのに
苦労されていました

化粧軒天収め縮小
焼き杉を張るために通気胴縁を18㎜厚をクロスに施工

この現場の測定後、同時進行のK様邸も測定しましたが
こちらも0.3cm2/㎡ですばらしい結果でした。
(写真は撮り忘れ…)
また後日紹介します。

「工務店学校」四国
温熱環境研究会事務局
四国エアフォーム㈱
担当:森田 元



(有)ハルクまつやま

今治 K様邸新築工事

今回、ご紹介しますのは、松山のハルクまつやまさんです。
まだ、上棟まもない状態で屋根断熱をした段階です。

はるく松山 河野邸 002縮小

インナーガレージや音楽室など面白い設計になっています。
工事状態を引き続きご報告できればと思います。

「工務店学校」四国
温熱環境研究会事務局
四国エアフォーム㈱
担当:森田 元 
プロフィール

air-form

Author:air-form




「工務店学校」四国

温熱環境研究会 事務局

森田 元

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。