スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

25年度 第三回工務店学校

3月18日
25年度 第三回 工務店学校
「通風トレーニング」

18日に今年度三回目の工務店学校が開催されました。
今回のテーマは「通風」
我々日本人は夏場冷房が当たり前になっても
外に涼しい「いい風」が吹いていればそちらを選びます。

そういった涼しい風を家の中に取り込むには
どうしたらよいのか?

工務店学校校長 南雄三先生の書かれた
「通風トレーニング」をテキストに
風が起こる現象から通風設計まで
ご講義を受けました。

通風トレーニング(2)加工


直線では捉えられない風の動きを
解析ソフトを用いたシュミレーション
を参考に感覚を磨く。

室内に風を取り入れるためには
どの程度の開口部、または窓の形が有効なのか
またどの程度通風をとれば効果を体感できるのか?

感覚的な話から科学的な話まで3時間以上の
ご講義でしたが皆さん真剣に聞いておられました。

通風トレーニング140318 (1)加工

帰り際の皆さんの笑顔がなによりの
勉強会の評価だと思います。


本当に多数のご参加ありがとうございました。
次回は5月半ばに香川で
もう一度「改正省エネ基準のマスター講習」
6月に「改正省エネ基準のなぜ?」と称し
基準の中身を紐解いていく講習会を企画しております。

今後とも宜しくお願い致します。



「工務店学校」四国
温熱環境研究会事務局
四国エアフォーム㈱
担当:森田元
スポンサーサイト

25年度 第一回工務店学校

25年度
第一回 「工務店学校」四国
「改正省エネ基準2013 完全マスター講習」開催 

昨年の12月【認定低炭素住宅】がスタート、
【改正省エネ基準】は今年10月1日にスタートし、
7年後の2020年までには、全ての新築住宅で義務化されます。

この改正省エネ基準、認定低炭素住宅で必須要件となるのが、
◆外皮性能 ( UA / 遮熱:ηA )
◆一次エネルギー消費量(暖冷房、換気、給湯、照明等)の2つです。

この2点についての御講義を南雄三先生していただきました。


2013040916340000.jpg
勉強会様子

外皮の計算に関して、
評価内容が増加したのでQ値計算より手間が掛かります。
また一次エネルギー計算に関しては、
パッシブの部分が細かく計算に反映されるようになっており、
今まで勉強してきた自立循環型住宅の勉強が活きてきます。

外皮計算・一次エネルギー計算、共に内容が確定するまでには
まだ少々時間がかかるようですが、早い段階での取り組みにより、
いろいろと見えてくるものがあると思います。

講習会後、皆さん満足されていましたが
「完全マスターをするにはやはり実践しないとね」
とおっしゃっていました。

やはり実践あるのみです。

「工務店学校」四国
温熱環境研究会事務局
四国エアフォーム㈱
担当:森田 元


 

10/27 「工務店学校」四国

10/27
24年度 第二回「工務店学校」四国開催
「四国で求められる室温と断熱性能を考える」

10月27日(土)に北海道立北方住宅総合研究所の鈴木大隆先生
と南雄三先生をお呼びして工務店学校を開催しました。

P1010329.jpg


まずはじめに南先生から
業界の省エネ動向とパッシブデザインについて説明がありました。

まず業界全体として「省エネは必要だ…」
という考えはほぼ一致してきているが中身に関しては
・あいまい派
・ゼロエネ派
・高性能派
というグループに分かれており
あいまい派の断熱性能は次世代くらい、
それに自然エネルギー利用を付加し自然派っぽく見せるグループ。

高性能派は断熱基準は世界基準、Q値=1以下+パッシブ
基本的に熱収支で建物を判断するグループ。

ゼロエネ派はさらに三つに分かれ
ゼロエネ収支派、創エネ派、nearlyゼロ派となる…

「日本ではパッシブは好まれるが、
そこには色んな形があり、
それは生い立ちによって変化する」
というお話からはじまり、
南雄三流の省エネ住宅の計画原論を語っていただきました。

P1010330.jpg
まずは「健康」について
日本のすべての家は結露、ヒートショックを招く寒さをつくってはいけない。
次に「快適感」
地域の気候、日射量、現在の環境、個人間によって違ってくる…
つまり「好みの温度」となるが、設計者としては
自分の考える最低温度を持つことが肝心。
(仮に日射熱でリビングの室温が20℃まで上がり
その他の非居室が15℃程度がいい??)
現行の省エネ基準によるⅣ地区のQ値は2.7だが、
EB/NEB共に1.9以下が求められている…

などなど、非常に参考になるお話でした。

次に鈴木大隆先生。
先生は現在国土交通省の省エネ分野の政策参与として
省エネ基準の改正などに携わっておられ、
最新の情報をお伝えいただきながらその情報を基に「四国の住宅に
求められている室温と断熱性能の関係」について語っていただきました。

最後に南先生と鈴木先生の対談として
今回御講義していただいた内容についてさらに詳しく
引き出していただきました。

IMG_0101.jpg

今回の講習会は技術の向上だけでなく、今後のビジネスを考える上で
非常に参考になる会となりました。

大変多くの方々に参加していただき本当にありがとうございました。

今後とも宜しくお願いします。

「工務店学校」四国
温熱環境研究会事務局
四国エアフォーム㈱
担当:森田 元

星旦二先生&南雄三先生

12/2 「工務店学校」四国
テーマ「健康」でつくる省エネ住宅
    「健康長寿」の秘訣とは!! 

いよいよ待ちに待ったこの日がやってまいりました。
今回の工務店学校はPPK(ピンピンコロリ)の法則を書かれた星旦二先生と
本校校長の南先生のW講師にて開催しました。

まずは星先生のご講義
「誰しもがNNK(ネンネンコロリ)よりも
PPK(ピンピンコロリ)を望まれているはず
PPKと住宅は密接に関わっているのです。」

星先生 

・メタボは寿命に関係ない。
・痩せている人のほうが短命
・塩と高血圧は無関係(寿命にも関係なし)
・都会は短命、無医村は長生き
・年寄りは働いて、外に出て買い物をすると長生き
だからバリアフリーは?、こきつかって、お小遣いやって外に出すのが長寿。
・男性は財布を女房に管理させるな。

え?え?え?
今までの常識と反対のことばかり
会場は大盛り上がりでした。

結論として
「化粧・口紅・身だしなみ」
「かかりつけの歯医者をもちなさい」
「財布は自分が管理する」
「夢(目標)をもちなさい」

ということなのですが文才がないので
皆さんに伝え切れません。
とにかく楽しい講演会でした。

続きまして南先生のご講義
「星先生のあとはやりにくいんだよなぁ」
とおっしゃいながら登場

南先生3

日本とイギリスの医療システムの違いを
題材に健康と住宅の関わり
今現在の問題点、今後私たちが取り組む
道筋をキチンと指し示していただきました。

星先生講習 2
皆さんかなり真剣です。


最後に星先生と南先生のディスカッション
今回「住宅医ネットワーク」の主宰の三澤文子先生
松山で「住宅医」として活躍されている村上洋子さん

高知で省エネ+健康「住まいのリノベーション」の
取り組みをされている高知全建連の会長の立道様
などいつも以上に盛り上がりました。

星&南4

13:30~17:30まで長時間の講演にも関わらず
帰り際のみなさんの表情が笑顔でした。

次回も皆さんが笑顔で帰れる様な企画を組めるように
頑張ります。

「工務店学校」四国
温熱環境研究会事務局
四国エアフォーム㈱
担当:森田 元

西条市 地産地消の家づくり

西条市 地産地消の家づくりの会

今年二回目の講演となります。
講師は当会の事務局長です。

三年目になりますが、だんだん参加者が増えて言っているような気がします。

地産地消2011縮小1

今回は住宅に必要な4つのバランス、
と昨年度から当会がテーマにしている「健康」
についてのお話でした。

住宅と「健康」との関係はなかなか表現が難しかったのですが
今後は高性能な住宅になるにつれて疾患率が改善されるという
研究データが続々と上がってきたことにより評価をする仕組みが
できあがってきました。

断熱の性能が上がると、せき・のどの痛み・手足のひえなどなど
ほとんどの健康影響対象とした症状が改善されているという結果
がでてきており、このデータをもとにCASBEE健康チェックリスト
という評価ツールが発表されその説明をいたしました。

過去に「エコ」「省エネ」「節電」等のお話をした時とは
明らかに聴講者の反応は違ったものになっていたような気がしました。

地産地消2011縮小2
皆さん真剣に聞かれています。

「工務店学校」四国
温熱環境研究会事務局
四国エアフォーム㈱
担当:森田 元

プロフィール

air-form

Author:air-form




「工務店学校」四国

温熱環境研究会 事務局

森田 元

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。