FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「工務店学校」四国オープンセミナー 6月22日開講

「工務店学校」四国のオープンセミナー

今回、講師におよびしました甲斐 徹郎先生は
「エコロジー市民学校」を開校し、一般市民を対象に
環境共生手法の普及啓発活動を続け、
独自の「つながり」理論をもとに
多くの環境共生プロジェクトを手がけてこられました。

6年前にも先生に「夏の住まいの快適術」という
テーマでご講演いただきましたが
聴講者の方々から、「住宅を設計する際のお施主様への提案が
大幅にひろがった」とか、「夏や冬、さらに快適に住むための
方法がわかった」など非常に好評でした。

今回は、日本で一番暑くなる街、埼玉県熊谷市におきまして、
実践されましたエアコン無しの街作りをテーマに先生におおいに
語っていただきます。

皆様お誘い併せの上、多くのご参加をお待ちしております。

甲斐先生案内状改訂


案内状(クリックすると拡大します)


㈱チームネットのホームページ
http://www.teamnet.co.jp


「工務店学校」四国
温熱環境研究会
事務局:四国エアフォーム(株)
担当:森田 元
TEL:089-971-6650


スポンサーサイト

長期優良住宅 記念住宅㈱

長期優良住宅・記念住宅㈱

今回ご紹介しますのは高知県の記念住宅㈱のT様邸の気密測定の様子です。

縮小004
現場状況


T様邸仕様
・長期優良住宅仕様
・温熱等級4(アキレス Q1ボードの型式利用)
・開口部(樹脂サッシ)

気密測定は外張り工法の場合、補修の効くこの段階で測定します。

国が定めるⅤ地区の気密レベルは述べ床1㎡につき5cm2
温熱環境研究会では1cm2以下を目標にしています。
(ちなみに当研究会の平均は0.5~0.6cm2)

縮小002高岡邸  縮小003高岡邸
T様邸測定状況

今回の測定の結果は0.36cm2/㎡
非常にすばらしい結果でした。

この結果により断熱材の効果も発揮できますし
24時間換気もイメージ通りに空気が動くと判断できます。

この物件の現場見学会等はまだ未定ですが決定しましたら
ブログ内で告知致しますので楽しみにして下さい。

記念住宅㈱さんHP

「工務店学校」四国
温熱環境研究会
事務局:四国エアフォーム(株)
担当:森田 元
TEL:089-971-6650

西条市地産地消の家づくり推進協議会

「地産地消」‘得‘家づくりセミナー

5/22に西条市の地産地消の会にて
エコポイント(今回は新築住宅の場合)について
お話させていただきました。

隨ャ2譛溷慍逕」蝨ー豸育ャャ荳�蝗・(4)_convert_20100522181934
講習会状況


エコポイントをもらう為にはどのくらいの性能をもった住宅
が対象になるのか、ここに焦点を当てて説明しました。

①次世代省エネ基準を満たす木造住宅
②省エネ法に基づく「トップランナー基準」相当の住宅
この二種類が対象となります。

次世代省エネについては、断熱材の性能(厚み)のみ
クリアしていれば良いと思っている方が多いようなので、
それ以外に
・開口部についても断熱性・日射遮蔽性の基準がある。、
・施工に関する基準も明記されています。
・躯体・開口部の維持保全についても配慮しないといけない。
この三点について重点的に説明いたしました。

トップランナー基準につきましても家電のトップランナーを例にあげながら
説明いたしました。

講習会の休息の際、施工の部分(通気止めや防湿層)について
の質問を受けました。

やはりみなさん結露はこわいようですね。

「工務店学校」四国
温熱環境研究会
事務局:四国エアフォーム(株)
担当:森田 元
TEL:089-971-6650

長期優良住宅 CROSS建築設計事務所

CROSS建築設計事務所 O様邸(高知県四万十市)

今回ご紹介しますのは長期優良住宅で建てられました中村にありますO様邸です。

添付用全景 添付用全景2
O様邸全景

O様邸の詳細
在来木造住宅
長期優良住宅仕様
温熱等級は自社にて計算 Q値=2.39W/㎡・K(等級4)
外張り断熱工法
開口部:樹脂サッシ(遮熱Low-E仕様)
長期優良住宅普及型の補助金100万円を利用して建築されました。

CASBEE評価 Sランク

設計:CROSS建築設計事務所 萩野様
施工:大豊建設(宿毛)

O様邸は自立循環型住宅のガイドラインにそって自然エネルギーの利用
(通風計画、日射遮蔽・利用等)に気を使いながら設計されています。

添付用内観1 添付用内観2

通風・廃熱は吹き抜けや地窓を利用し、
木陰にある涼気、中庭にある涼気、北側にある涼気、
その土地に吹く風を知りながら室内に取り込む。
そういったイメージを感じさせるお家になっています。

また、外張り工法の特徴を活かし壁の中まで収納に使うなど
室内の空間を自由に工夫しながら設計されています。

今回、現場見学会は開かれませんが、
5月の25か26日にお施主様のご好意により、
見学させていただけることになりました。
ご興味のある方はご一報ください。

追記:
中村からの帰りは四万十川に沿って宇和島に抜けました。
有名な岩間の沈下橋の写真を添付いたします。
帰りに寄ってみたらいかがでしょうか?

添付用


「工務店学校」四国
温熱環境研究会
事務局:四国エアフォーム(株)
担当:森田 元
TEL:089-971-6650


断熱改修工事 (株)オガサワラ

断熱改修によるエコポイント対象物件の紹介

今日紹介致しますのは、西条市にて断熱改修をやっていますN様邸を紹介します。
N様邸は事務所であった建物を住居に改修しています。
改修内容として、内装、水廻りはもちろん、最近話題になっています
E c o R e f o r m(断熱改修) も併せて行なわれています。

20100112184352.jpg ・オ・カ・橸スサ・懶セ励??譁ュ辭ア謾ケ菫ョ蜑榊・逵・(2)_convert_20100506192527
  改修前仕様
在来木造住宅
サッシ:アルミ+単板ガラス
断熱:無断熱

天井裏や床の断熱補強についてはわりと簡単にできますが、問題は壁の断熱補強のやり方になります。今回は壁を剥がす事ができましたので内張り断熱にて断熱の連続性を確保しました。

・オ・カ・橸スサ・懶セ励��譁ュ辭ア謾ケ菫ョ蜑榊・逵・(1)_convert_20100506195800 譁ュ辭ア謾ケ菫ョ縲�荳ュ蟷ウ驍ク+(1)_convert_20100506200500
改修前(下地状況)                 改修後(断熱厚30mm(硬質ウレタンフォーム両面アルミ))

30mmの断熱材(E分類)を4.0m3以上使う事により、エコポイントとして10万ポイントが貰える事となります。
当然、天井・床につきましても通気止めを確保しながらきちっと施工されています。

窓の改修
今回、サッシにつきましても全部交換となりこちらにつきましてもエコポイントの対象になります。

譁ュ辭ア謾ケ菫ョ縲�荳ュ蟷ウ驍ク+(8)_convert_20100506201959
アルミサッシ(6.51w/m・K)から樹脂サッシ(2.33w/m・k)に変更

今回の断熱改修によりN様はECO Reformによるエコポイントの上限30万ポイントを貰える事となります。

写真提供 (株)オガサワラ
「工務店学校」四国
温熱環境研究会
事務局:森田

 




プロフィール

air-form

Author:air-form




「工務店学校」四国

温熱環境研究会 事務局

森田 元

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。