FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「工務店学校」四国・バージョンアップセミナー

6月22日 「工務店学校」四国・バージョンアップセミナーが
開催されました。

今回、講師にお呼びしましたのは 
㈱チームネット 甲斐 徹郎先生 です。 
 kai先生写真縮小
甲斐先生は独自の「つながり」理論をもとに
多くの環境共生プロジェクトを手がけられてます。

先生の代表的な作品
環境共生型のコーポラティブ住宅
「経堂の杜」
「欅ハウス」
「風の杜」
(欅ハウスは第2回日本都市計画家協会まちづくりプロジェクト部門大賞受賞)
セキスイさんのコモンガーデンシリーズなど他多数

さて、勉強会の状況はこんな感じです。
甲斐先生講習会状況縮小

皆さん真剣に聞かれています。

先生のお話はまず前回のおさらい
「体感の原理」からはじまりました。
前回来られていなかったKさんをつかまえこんな話をされました。

先生(おもむろにマイクスタンド(鉄)をKさんの前に置き)
「このマイクスタンドと机の上にあるテキストどっちがつめたいですか?」
Kさん
「マイクスタンドの方が冷たいです。」
先生
「何度くらい冷たいですか?」
Kさん
「10℃くらいかなぁ…」
先生(放射温度計を持ち出し)
「この温度計で温度を測りますので読んでください。
マイクスタンドは?」
Kさん
「25℃です。」
先生
「テキストは?」
Kさん
「ん?えっ??25℃です。」
先生
「今の室温はたぶん25℃くらいなのでしょう。
だから物質の温度は25℃になっているはずです。
ではなぜ同じ温度なのにマイクスタンドは冷たく感じたのでしょうか?
人間は体温の逃げるスピードで熱い冷たいを感じます。
つまり鉄のほうが熱を伝えやすいので紙よりも冷たく感じるのです。」

という感じで勉強会はスタートしました。

話の内容として「あいだのデザイン」
人と人
人と建物
建物と庭
庭と周辺環境と間間の熱のみならず人と人のコミュニケーション
まで多彩な方法でつなぐデザインが本当の意味でECOや快適に
つながるという非常に内容の濃い勉強会でした。

帰り際の皆さんの表情がにこにこされていましたので
参加者全員が大満足な勉強会でした。

工務店学校」四国
温熱環境研究会事務局
森田 元
TEL:089-971-6650





スポンサーサイト

木のいえ整備促進事業 構造見学会 (有)小松工務店

6月20日(日)
平成22年度木のいえ整備促進事業
 (長期優良住宅普及促進事業)
構造見学会 開催

高知市神田にて(有)小松工務店さんが構造見学会を開催いたします。

知名様邸上棟縮小

C様邸仕様
・長期優良住宅仕様
・耐震等級3(最高等級)

知名様邸構造状況 (1)縮小
構造素人の私が見ても筋交いの量がすごいことになっていました。

・温熱等級4(最高等級)
・Q値2.3W/㎡・K
・外張り断熱工法(遮熱面材付き硬質ウレタンフォーム)
・開口部 樹脂サッシ(U値2.33)
平成22年度木のいえ整備促進事業による補助金100万円と
高知県 新・木の住まいづくり助成制度30万円を利用

CASBEE ★★★★

詳しい内容は評価書を見ていただければわかりますが

CASBEE評価C様邸編集
C様邸CASBEE評価書(画像をクリックしますと大きくなります。)
評価員:石川 博さん((有)小松工務店)


Q(すまいの環境品質)、L(住まいの環境負荷)ですが、
住宅密集地の為、お庭などの工夫が限られてしまい、
町並みの配慮に関して平均点に留まってしまったようです。

小松工務店さんは、打合せの際、CASBEEを用い、
お施主様とECOについてコミュニケーション
を取りながら設計を進められています。

非常にハイクオリティな仕様となっていますので
お気軽に皆様お誘い合わせの上お越し下さい。
ご参加を心よりお待ちしております。

詳しい内容はこちらから
(有)小松工務店さんのアドレス

http://www.komatsu-koumuten.co.jp

「工務店学校」四国
温熱環境研究会
事務局:四国エアフォーム(株)
担当:森田 元
TEL:089-971-6650

繊維系断熱材の施工

繊維系断熱材の施工

先日の松井建設さんの断熱材の施工について補足説明いたします。
昨年の4月に省エネ法の改正があり
気密・防湿施工の簡素化が行なわれました。
以前の次世代省エネにおける繊維系断熱材の施工方法では
室内側にベーパー(湿気)バリアを連続して施工する。
となっており、0.2ミリ以上の防湿気密フィルムなどをきちっと施工し、
気密・防湿を確保するようになっていました。

P8240013縮小
以前はこんな感じでフィルムできちっとしないと次世代省エネだといえませんでした。


転機になったのは2003年のシックハウス法です。
この法律は化学物質が室内の中に留まり、
体に悪影響をもたらすことをなくすために
施行されたものだと理解されていますが、
根本には住宅の気密化が進んだ事が原因となっっています。
普通に建てられた住宅の平均C値が5.3cm2/㎡、
耐力面材を張ると3.0cm2/㎡というデータがあり、
サッシの性能UPや透湿防水シートの普及により
どの家も気密住宅になっている
というのが背景となっています。

今回の省エネ法の改正の際、気密の簡素化というのは、
どの住宅も気密住宅なのだから法の中で規制しないというのが理由のようです。
ただ気密が簡素化されても防湿施工がなくなったわけではありません。
24時間換気が義務付けられ、室内の環境が以前の建物より改善され、
防湿施工も簡素化されましたが、
きちっと防湿施工をしないといけないことは変わらないのです。

今年に入り、IBECさん((財)建築環境・省エネルギー機構)が
断熱施工実技講習会を47都道府県で開催しました。
内容を見ても防湿層の連続のさせかたが主題となっていました。

断熱施工実技講習会 07縮小 
講習会状況

譁ュ辭ア譚先命蟾・螳滓橿隰帷ソ剃シ・003縮小 譁ュ辭ア譁ス蟾・螳滓橿隰帷ソ剃シ・013縮小
壁・床(ネダレス)の気密層の連続状況   筋交い部分の断熱のカキトリ  

譁ュ辭ア譚先命蟾・螳滓橿隰帷ソ剃シ・002_縮小
耳のない断熱材を使用する場合の状況

IBECさんより、この講習会のお手伝いをと当会に依頼があり、
松山は㈱松井建設さん
香川・徳島は㈱セイコーハウジングさん
高知は(有)小松工務店さん
にモデルの組み立て及び断熱材の施工をやっていただきました。
当会のメンバーのほとんどがこの講習会を受講し、
きちっと断熱材の施工をしております。



「工務店学校」四国
温熱環境研究会
事務局:四国エアフォーム(株)
担当:森田 元
TEL:089-971-6650

長期優良住宅 構造見学会 ㈱松井建設

6月5日(土)・6月6日(日)
長期優良住宅 構造見学会開催

松山市の南斎院にて ZEST MATSUYAMA
(㈱松井建設)さんが構造見学会を開催いたします。


ドミノ南斎院004縮小

今回の建物の仕様
長期優良住宅仕様
・温熱等級4(Q値2.4W/㎡・K)
屋根 遮熱面材付硬質ウレタンフォームを外張り
壁  グラスウール充填
ドミノ南斎院003縮小
グラスウールの耳を3cm以上重ね、壁と床の防湿層も連続させるように施工されています。

基礎断熱工法
開口部 樹脂サッシ(U値1.9以下)

・耐震等級2
木造ドミノ工法

・住宅家歴書に伴うメンテナンス契約付

住宅の資産価値は土地とは違い、10年以上経過すると
ほぼ0となりますが、今後、メンテナンスをきちっと続け
ることにより資産価値が10年たっても残っている。これを
証明するために住宅家歴書の整備は重要なポイントと
なっております。

詳しい内容は松井建設さんのHPにてご覧になれます。
http://www.matsui-kensetsu.co.jp/
今回の見学会のちらし
domino チラシ

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

「工務店学校」四国
温熱環境研究会
事務局:四国エアフォーム(株)
担当:森田 元
TEL:089-971-6650

外張り工法の収め

西条市 くにう建設

今回ご紹介しますのは西条市のくにう建設のN様邸です。

くにう建設の国宇さんは若い大工さんです。
最近ではあまり見かけなくなった丸太の梁など
自分で墨だし・刻みをされています。


N様邸005縮小
くにう建設 N様邸状況

先日の気密測定の案内にて、どのような施工で0.4㎝2/㎡が出るの?
と質問がありました。

今回は外張りにおいて温熱環境研究会のメンバーが
気をつけている部分をご紹介します。


N様邸002縮小 

今回使用している断熱材は両面アルミ箔付の硬質ウレタンフォーム。
ボードのジョイントは特殊ブチルテープにて丁寧に処理されています。

N様邸001縮小 

一番漏気が多いのは屋根と壁の取り合いの部分です。
ここの部分を手を抜き、壁の通気が室内に侵入すると
結露による被害がでる可能性があります。

N様邸003縮小 

見てください、この手間のかけかた!
実際に気密レベルは狙った数字にはなかなかなりません。
ですからやれるところまでやっておいて最後に換気等の穴で
適正な気密のレベルに調整?してあげるというのが
温熱環境研究会の考え方です。

「工務店学校」四国
温熱環境研究会
事務局:四国エアフォーム(株)
担当:森田 元
TEL:089-971-6650



プロフィール

air-form

Author:air-form




「工務店学校」四国

温熱環境研究会 事務局

森田 元

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。